• エボラ出血熱の発熱時にリレンザは使える?

    2016年3月7日

    エボラ出血熱にかかると、発熱や頭痛、悪寒、筋肉痛、嘔吐、下痢、紫斑、吐血、下血などが起こり、50~90%もの致死率があります。 血液を介した接触感染が主で、空気感染や飛沫感染はないといわれているものの、非常に感染力が強く、潜伏期間は2~20日間ほどになります。 エボラ出血熱に対する治療薬は確立し...

    記事の続きを読む