リレンザと木目の背景

抗ウイルス薬としてリレンザで予防投与

のどの痛みや鼻づまり、頭痛、発熱などの風邪の症状が起こったときに、あわてて薬を買いに行き、飲んだとしても、すぐに楽になれるわけではないので、お金を無駄にしたように感じることがあります。
インフルエンザの場合も発症してから服用するよりは、抗ウイルス薬を予防投与していた方が効果があるので、風邪をひきやすく、インフルエンザにも不安を感じている方があれば、リレンザを使用することをおすすめします。
インフルエンザ治療薬として有名なのはタミフルですが、副作用が気になる方は、吸引薬のリレンザを選んだ方が安心です。
タミフルは錠剤タイプですが、リレンザは吸入器を用いて、局所的に使用するため、全身に副作用が起こりにくくなっています。
それにリレンザは世界で最初に開発されたインフルエンザ治療薬なので、歴史がありますし、ノイラミニダーゼというの酵素の働きを阻害できるので、インフルエンザウイルスの増殖を抑えて、症状を軽くすることが出来ます。
吸入器を必ず使用しなくてはならないため、高齢者やお子様には使いにくい面もありますが、抗ウイルス薬として使うなら、タミフルよりも安全だと考える方が多いので、使ってみたいときは個人輸入代行通販を利用するようにしてください。
リレンザもタミフルと同様に、インフルエンザA型やB型に効果はありますが、ノイラミニダーゼを持たないC型のインフルエンザにはほとんど効果がないと言われています。
インフルエンザウイルス感染から48時間以内の使用により、高い効果をあらわれるので、感染を疑ったら、早めに吸引するようにしてください。
リレンザは吸入器が必要なので、はじめのうちは戸惑うかも知れませんが、使用方法が書いてあるので、その通りに使うようにしましょう。